労務

業務量が増加したら増員よりシステム化で人事や労務管理の効率アップ

事業が順調に成長して従業員が増えてくると、人事や労務管理に関連したバックオフィス業務の量も増えてきます。ことに、新卒がまとめて入社する年度の切り替え時期には、管理職者と人事スタッフの業務量は膨大なものになるでしょう。このような事態に対処すべく、バックオフィス人員を増やすことを検討する会社も多いですが、それよりもコスパがいい方法があります。それは、人事労務管理システムを導入して、業務全般の効率化を図ることです。
特に、新入社員をまとめて大人数迎え入れる際、人事データベースに彼らに関する情報を登録する作業は、従来の紙ベースのやり方だと極めて煩雑です。システムを導入すると、社員自身が自分に関して求められている情報をシステムに入力する手順になるので、人事スタッフが一人或いは少人数で膨大な量の情報処理や確認を行う必要がなくなります。また、その後の労務管理諸業務に関しても、システムを使うことでコミュニケーションが迅速かつ簡素に行えるようになり、全体として、当該業務に割くべき時間を大幅に減らすことが出来るでしょう。
追加スタッフを雇用する人件費よりもはるかに低コストで実現できるシステム導入による業務効率化。是非、積極的に検討してはいかがでしょうか。

業務量が増加したら増員よりシステム化で人事や労務管理の効率アップ

事業が順調に成長して従業員が増えてくると、人事や労務管理に関連したバックオフィス業務の量も増えてきます。ことに、新卒がまとめて入社する年度の切り替え時期には、管理職者と人事スタッフの業務量は膨大なものになるでしょう。このような事態に対処すべく、バックオフィス人員を増やすことを検討する会社も多いですが、それよりもコスパがいい方法があります。それは、人事労務管理システムを導入して、業務全般の効率…

view detail

コストダウンと業務効率化を同時に達成できる人事労務管理システム

コストダウンと業務効率化は、会社によっては結び付けて検討される場合もありますし、別の課題として扱われることもあります。人事や労務管理に関する業務の場合、人事労務管理システムを導入することで、業務効率化とコストダウンをまとめて達成できますので、別の課題と考えている会社も、この点に関しては是非システム導入を検討してみるといいでしょう。まず、人事・労務管理業務の効率化に関して言えば、システ…

view detail

事務的業務をシステムで手際よく処理できる人事労務管理システム

本来業務で一定以上の成果を出した社員は、高度な専門家としてのキャリアパスを歩むか、部下を持って人の育成に当たるか、あるいは両方を兼任するケースが多いです。大抵の場合、本音の部分では本来業務に邁進したいと思いつつ、後進の育成の重要性も理解できることから、人事や労務管理の仕事もなんとかこなすという人が多いでしょう。しかし、労務管理や人事の仕事の比重があまりにも大きくなると、仕事を続けるモチベーシ…

view detail

電子処理による業務効率化ができる人事労務管理システム

人事や労務管理にまつわる様々な業務が非常に煩雑に感じられる原因としては、いくつかのことが考えられます。単純に社員の数が多いために処理対象になる案件の数が多いこともあるでしょうが、もう一つ考えられるのは、紙を使ってコミュニケーションをしていることからくる面倒さです。例えば、電子決済というやり方に慣れてしまうと、現金で払わなければならないお店は面倒に感じられるでしょう。eメールに慣れてしまうと、…

view detail

information

2019年08月20日
電子処理による業務効率化ができる人事労務管理システムを更新しました。
2019年08月20日
事務的業務をシステムで手際よく処理できる人事労務管理システムを更新しました。
2019年08月20日
コストダウンと業務効率化を同時に達成できる人事労務管理システムを更新しました。
2019年08月20日
業務量が増加したら増員よりシステム化で人事や労務管理の効率アップを更新しました。
TOP