労務

経費節減メリットの大きさが際立つ人事労務管理システム導入

電卓とノート

会社で今まで使っていた慣れた手順を廃止にして、新しいシステムを導入する際には、予算の確保と共に、社内ステークホルダーの説得というステップが欠かせません。人事や労務管理エリアでの業務効率化のため、人事労務管理システムを導入したいと希望しているなら、まずは、第三者にも分かりやすい経費節減メリットを強調するといいでしょう。
当該システムを導入することで得られる経費節減メリットとしては、まず、ペーパーレス化に伴うコピー用紙とトナー代の節約が考えられます。システム内で電子的に人事や労務管理関連業務を処理すれば、殆どプリントアウトの必要がなくなるため、紙やインクの使用量は激減するでしょう。更に、印刷されたものが存在しないため、それを保管するフォルダ類や保管スペースも不要になり、オフィス備品とファシリティ面でも経費の節約が可能です。
くわえて、システム導入のお陰で、労務管理関連諸業務一つ一つの処理手順がシンプルになるため、対処すべき業務件数が増えても、担当者の増員なしで乗り切ることができます。これは、人件費抑制に役立ちますので、大幅なコスト削減が可能になるでしょう。
こうした目に見える経済面でのメリットを主張すれば、システム導入のハードルはかなり低く出来るはずです。

柔軟な働き方にピッタリの人事労務管理システム

ある程度の人数のスタッフがいる会社では、日々の人事や労務管理関連業務も、業務ウエイトの中でかなりの割合を占めています。この業務を用紙利用で運用している場合、最近のトレンドである柔軟な働き方の導入と実践にあたり、少なからぬ支障になることが想定されます。休暇申請一つとっても、例えばテレワークの社員がいるとしたら、紙一枚を宅急便等を使って上長や人事部とやり取りすることになり、時間も手間もかかり過ぎと言わざるを得ません。特に、休暇申請は、取得前に申請に加えて確認と承認が必要なため、よりスピーディに処理できる方法が必要です。
そこでおすすめしたいのが、人事労務管理システムを導入することです。システムを導入すれば、労務管理や人事関連の事務処理の大半を電子的に行えるようになります。つまり、eメールの授受と同じ要領で休暇その他の人事関連申請や、確認・承認作業が出来るようになるのです。従って、社員が自宅勤務であろうと外勤中であろうと、国内外に出張中でオフィス不在であろうと、全く問題なく業務に対応できるのです。
柔軟な働き方の導入は、今後、多くの企業が積極的に検討しなければならない課題ですので、それに備える意味でも、システム利用による人事労務管理業務の効率化について考えてみてはいかがでしょうか。

より重要な業務に集中するため人事労務管理はシステムで効率化しよう

昇進に対して、全ての社員が前向きなわけではありません。昇進に値する十分な実績があるにも関わらず昇進をためらう理由の一つが、人事労務管理業務の煩雑さです。昇進と同時に部下を多数かかえるようになると、本来業務の他に人事や労務管理エリアでの種々雑多な事務処理の負担が増え、自分の本業に十分な力を注げなくなるのが困ると感じている社員は多いです。そこで、会社としては、このような懸念を払拭するためにも、是非、人事労務管理システムを導入して、該当する事務処理業務の大幅な効率化を図りましょう。
システムを利用して労務管理や人事関連諸業務を処理できるようになれば、書式を使わないことで、一つ一つの手続きをより簡単迅速に片づけられるようになります。従って、処理している案件数自体は変わっていなくても、トータルで必要な処理時間は大幅に減らせますし、その分、管理職者が本来業務に注ぐ時間を増やすことができます。会社としても、有能な社員には、本来業務にこそ集中して一層の成果を出してほしいところですので、人事や労務管理業務の効率化は理に適っていると言えるでしょう。システムの仕様、導入コストなど詳細を調べて、是非、導入に向けて話を進めてはいかがでしょうか。


正確に人事と労務の管理を行うなら労務管理システム【DirectHR】が便利です!煩わしい作業もIT化することで簡単にできます!もちろん個人情報はきちんと守られるので安心ですよ!

業務量が増加したら増員よりシステム化で人事や労務管理の効率アップ

事業が順調に成長して従業員が増えてくると、人事や労務管理に関連したバックオフィス業務の量も増えてきます。ことに、新卒がまとめて入社する年度の切り替え時期には、管理職者と人事スタッフの業務量は膨大なものになるでしょう。このような事態に対処すべく、バックオフィス人員を増やすことを検討する会社も多いですが、それよりもコスパがいい方法があります。それは、人事労務管理システムを導入して、業務全般の効率…

view detail

コストダウンと業務効率化を同時に達成できる人事労務管理システム

コストダウンと業務効率化は、会社によっては結び付けて検討される場合もありますし、別の課題として扱われることもあります。人事や労務管理に関する業務の場合、人事労務管理システムを導入することで、業務効率化とコストダウンをまとめて達成できますので、別の課題と考えている会社も、この点に関しては是非システム導入を検討してみるといいでしょう。まず、人事・労務管理業務の効率化に関して言えば、システ…

view detail

事務的業務をシステムで手際よく処理できる人事労務管理システム

本来業務で一定以上の成果を出した社員は、高度な専門家としてのキャリアパスを歩むか、部下を持って人の育成に当たるか、あるいは両方を兼任するケースが多いです。大抵の場合、本音の部分では本来業務に邁進したいと思いつつ、後進の育成の重要性も理解できることから、人事や労務管理の仕事もなんとかこなすという人が多いでしょう。しかし、労務管理や人事の仕事の比重があまりにも大きくなると、仕事を続けるモチベーシ…

view detail

電子処理による業務効率化ができる人事労務管理システム

人事や労務管理にまつわる様々な業務が非常に煩雑に感じられる原因としては、いくつかのことが考えられます。単純に社員の数が多いために処理対象になる案件の数が多いこともあるでしょうが、もう一つ考えられるのは、紙を使ってコミュニケーションをしていることからくる面倒さです。例えば、電子決済というやり方に慣れてしまうと、現金で払わなければならないお店は面倒に感じられるでしょう。eメールに慣れてしまうと、…

view detail

information

2019年08月20日
電子処理による業務効率化ができる人事労務管理システムを更新しました。
2019年08月20日
事務的業務をシステムで手際よく処理できる人事労務管理システムを更新しました。
2019年08月20日
コストダウンと業務効率化を同時に達成できる人事労務管理システムを更新しました。
2019年08月20日
業務量が増加したら増員よりシステム化で人事や労務管理の効率アップを更新しました。
TOP